①人間が人間をコントロールする。人間が数字をコントロールする。・・・マネジメント構築と判断フィルター12の存在

 


 
こんにちはアスケン小野和彦です。

このシートの下の方から公式アプリがダウンロード出来ます。店舗経営においての非常に有益な情報が流れますのでサクッとダウンロードしておいて下さい。

bno1

店舗の売上の上げ方をこんなクソ真面目に公開したせいでしょうか?

リアル店舗の売上構築手法が知れるなんて今回が最初で最後と思ったからでしょうか?

もの凄い反響です。

実は私はラッキーな人間です。

1700店舗以上、3000人以上の経営者、20000人以上の従業員、5000人の部下に”会って!””伝えて””教えて”きました。

だから分かります。

このガイドラインで皆さんにお伝えするのは「枠」です。

枠だけお伝えするので、枠を出ないように自分で考えて行えれば効果が出てきます。

強制するマニュアルのようなものではありません。

その枠の事をガイドラインと呼びます。

つまり、これを読む皆さんも小野と同じようにガイドラインを知って「部下」や「顧客(患者)」に伝える事は最低でも知って行動しましょう。

もうなぜこんな事をしないといけないか分かりますよね?

「売れないから」です。

もし、あなたが売りたいのであればコレを一番にマスターするのが賢明です。

店舗経営において一番価値があるものは….

・あなたが提供する商品でもなく、あなたが提供するサービスでもなく、あなたが「伝えたこと」なんです。

ここは店舗経営をする際には絶対に忘れないで下さい。

大切なノートにメモしておきましょう。

経営者が行っている行動、つまり仕事をする中で「伝える」作業をしているのですが時によっては順番が違う場合もありますが基本的なフローを書いてみました。

LLSBCP

皆さんは仕事が出来るようになりたいですか?

こんな質問をすると多くの場合は「ノウハウを学んだり」「知識を得たり」「技術の向上」を考えます。

これも悪くはないのですが一番出来るようになるのは恐ろしい位に優秀な人間の下でその人間が行う「判断」と自分が出した「判断」をすり合わせる事なんです。結果ビジネスの世界ではここで大きな優劣がつきます。

あなたがもし自店の売上構築をして行く為に「判断」がしっかりと出来るようになると「言動」が変わります。つまり自身の行動も周りに伝える事も変わってきます。

「行動」=「成果」

笑いが止まらないくらいに成果が出てきます。

そうなると嬉しいですよね!

だから「伝えること」が楽しくなって「正のスパイラル」が生まれて業績は加速化して行きます。

小野は日本で一番優秀な飲食店経営者の側近で20歳代から判断のすりあわせをさせて頂いたラッキーな人間です。

そんな事もあって…リムジン乗ってもう一生では使いきれないお金を持つ店舗経営者。

操縦士を2人抱えて自家用のヘリコプターを持つ店舗経営者。

「××ケ月、××年の予約待ち」を受ける数々の店舗経営者。

凄い連中に会ってきました。

そこで…

彼らの「脳」を探ってみました。

つまり、どんな「判断」をするか?

質問したり、バカな話をしての対応をみたり、何を見ているか、周りに対しての話し方…

そして、彼らの部下、店舗状況、数字…

まあ凄いです。

小野が側近で「判断」のすり合わせをした社長と似ている、同じ?

bno2

そんな人達と会って話していると性格とか雰囲気は違うのですが仕事における「判断」はまず一致しています。その「判断」は通常は自身の経験によってつくってきたモノだと思います。

もうひとつは、モノやサービスを売る為の基礎知識は最低限持っています。

このプログラムで言えば②から⑤がその売る為の基礎知識になります。

多くの人は②から⑤に興味を持ちますが①が一番大事で効果と価値が高いです。

これから12の「判断フィルター」を紹介します。

大事ですので大切なノートにメモしておきましょう。

vno1

これが12のフィルターを利用している「結果」「現象」です。

簡単に言えば12を意識して経営をしていると言う事です。

まさにフィルターです。

この12の内容に関しては恐らく本を読んだり、ネット検索したり、専門家のセミナーに参加して知識として学んで下さい。それによってあなたの解釈になる事が経営する上で少しの進捗にはなるかも知れませんが….

その事よりも12の意識をして「伝えること」で確実に売上構築出来るようになる事が目的なんです。

12の詳しい内容を知っている人と知らない人では今の時点では差はつかないのです。

ですから今は12の事をフィルターにすれば「大きく売れる」「売上構築出来る」と喜んで下さい。

では一番効果が出る方法は分かりますか?

良いのは12の項目の勉強をするのではなく、何かの判断をせまられた時にこの12のフィルターの通してみて下さい。すべてに通してみて下さい。(あまりにも分からない内容は少し勉強して下さい)

その時にセンサーがONになる項目があるはずです。

答えが12の項目のいずれ(複数もある)になるように「判断」すればOKです。

この12のフィルターを出すまでに社員で店舗経営に関わった時代から今まで28年かかりました(笑)

このフィルターは少なくても年収ではもちろん「億」年商では何百何千億円の経営者のフィルターです。頭の良さは頭の良い人からちょっとバカな人までいます。学歴も関係ないです。

今、実は物凄く経営する上で大事な話をしています。

気がつきましたか?

“経営するって自分で勉強したらいけないんです。”

自身がやらないといけない事を知って実施する事が経営者の仕事です。それは技術の向上や知識を入れる事よりも大事な事です。理由は簡単です。

行動しないと結果(成果)、もっと言えば「数字」が出ないからです。

そして、この行動を繰り返し行って行く事でいわゆるマネジメントの技術が向上して行きます。

考えて、勉強していても向上しません。

今回、小野が提案している方法をコンピテンシー手法って言います。つまり「良い事、成果をあがっているやり方をコピーすること」

小野はご覧のように多くの経営者の方にあってきました。当然会う経営者の大半は不振店や不安を持つ経営者の方です。小野は20年以上前からこの判断のすり合わせが一番店舗の状況を良くして数字好転して、更に売れる事は知っていました。

なので「2ケ月である飲食店の売上を4.7倍」にしたり、「女性店長がツールを読んだだけで月商200万円アップ」させたり、某チェーンでは「本部に関わってフィルターを落としたら月商で少なくても数千万円(もしかしたら億超え)の売上アップ」など沢山の現実を起こしてきました。

経営者と判断のすり合わせが出来ればと思ってアスケンを2011年1月につくりました。

でもこの判断のポイントが明確に出来ませんでした。

もう一度、図をみて頂きます。

LLSBCP

赤い所ですね。「行動の判断」… ここにフィルターを入れて経営していけばOKです。

例えばあなたに部下がいるとします。

あなたがこのフィルターを通して「伝えて」いればこの人間は間違いなく「売れる人間」になります。そして、その部下も「売れる人間」になります。そして伝えても「売れる人間」にならない人もいます。

そんな方は「売るポジション」でないところで働いて頂くのが一番お互いに良いのです。

少なくても「売る人間」は出てきますので経営は楽になってきます。

やる気のない人間は居づらくなります。

『正のスパイラルが始まります』

なので先を考えたらここは絶対におさえて売上構築をした方が賢明です。

小手先の集客はオンラインの物販なら良いですが人間が関わるリアル店舗はここのマネジメントスキルを上げる事が経営者にとっても一番の「保険」になります。

だから、これが①なのです。

再来店の促し手法に関しては別のプログラムにあります。なのでここはまず1つしっかりおさえて行動して下さい。

このプログラムを LL-SBCP リトルライオン店舗羅針盤プログラム と言います。

1つずつでも行えば成果出始めますので最初はノートを見ながらやって下さい。

21日間継続して朝ノートを見て継続実施出来れば相当あなたのモノになっているはずです。

頑張って下さい。

すぐに出来るようにはならないから一日も早く着手した方が賢明です。

モノやサービスで差別化や優位性が持てない時代だから価値があるんです。

マネジメント:人と数字を思うがままに動かす能力の事

これの技術が成熟してくると顧客に伝える事がピンポイントで分かるようになると思います。だから、その顧客はまた再来店します。

以上

———————————————————-

①人間が人間をコントロールする。人間が数字をコントロールする。・・・マネジメント構築と判断フィルター12の存在

②人間が欲しい商品(サービス)をつくる。人間に好かれる商品をつくる。・・・商品コンセプトづくり

③顧客を再来店させる技術を得る。人が集まる店舗をつくる。・・・ルール設定と表現づくり+オペレーション教育

④数字掌握においての優れた技術を持つ。・・・意味ある数字に着目してコントロールする

⑤現状掌握しないで目的達成を行う計画術を向上させる。・・・目的設定手法と時間設定

———————————————————-

追伸:

まだ足りない人いますか?

・1つ1つのフィルターの事例とか詳しい内容を自分で勉強するのに時間がない人

・ここには書けない裏の話の急所

・一日も早く始めたいから楽にやるやり方を教えてほしい

・小野と話してみたい

2015年1月25日 東京錦糸町 …

この日は小野の結婚記念日(笑)

小さなセミナーハウス借りました。

詳しくは公式アプリのニュースで公開になります。

もう公開になりました。

⇒ 詳しくはコチラへ http://assp11.little-lion.com

売上構築をしたい人は↓↓↓↓↓↓↓↓

下記の登録がまだの方はお忘れなく^^

【公式アプリ iOS】
アスケン公式アプリiOS
ios-QR

【公式アプリ android】
アスケン公式アプリandroid
and-QR
【小野和彦個人FaceBook】

https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

【宍戸慎一良個人FaceBook】

https://www.facebook.com/do44do

 

————————————

明日の店舗経営研究会
http://as.little-lion.com
asuken
【アスケンTV】

 

フォローする